インバウンドニュース

★「世界で最も魅力的な大都市」で東京が3年連続1位! 京都、大阪もランクイン

米国の大手旅行雑誌「Condé Nast Traveler(コンデ・ナスト・トラベラー)」は9日、2018年の読者投票ランキング「Readers’ Choice Awards」を発表した。その中の「Best Big Cities(世界で最も魅力的な大都市/米国を除く)」では、東京が3年連続で第1位を獲得し、昨年3位の京都が2位に上昇、大阪は昨年のランク外から12位へと順位を上げた。上位20位の中に、1カ国として最多となる3都市が選ばれた。

同ランキングで「東京」は現代と伝統の魅力の共存や多様な食の魅力、「京都」は深く息づく伝統の中に新たな文化が生まれている点、「大阪」はその土地ならではの食の魅力や熱狂的な野球文化などが評価された。

JNTOはこの結果を受け、「より一層の誘客を図るため、従来の富士山、桜、寺社仏閣といった典型的なイメージだけでなく、豊かな自然・アウトドアアクティビティ、日本食にとどまらない食の魅力、伝統芸術に加え世界から注目される現代アートなど、豊かな日本の観光魅力を多方面から発信していく」とコメントしている。

Condé Nast

出典:日本政府観光局 報道発表 

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドニュース

バックナンバー

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年