インバウンドニュース

★祭りの魅力を訪日客にPR — RWC2019期間中、九州・山口全域で大規模な祭りイベントが開催

九州地方知事会および九州経済4団体で構成される「九州地域戦略会議」は25日、来秋に開催予定のラグビーワールドカップ(RWC2019の時期に合わせて「祭りアイランド九州」を実施することを発表した。 

「祭りアイランド九州」とは、RWC2019の観戦に訪れる訪日客や日本人に対し、九州・山口各地の特色ある祭りをPRする大規模なイベントで、地域の魅力を全世界に発信する初の試みとなる。
2019年9月28日(土)、29日(日)の両日には、熊本市中心部に各地の祭りを集結させるイベントが開催されるほか、RWC2019開催期間中の9月20日〜11月3日には、実際に各地で行われている秋祭りに訪日客を誘客し、九州・山口域内の周遊を促す。現段階で、山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県が参加を表明しており、それぞれに特色ある祭りを披露する。 

RWC2019 は、2019年9月20日の開幕戦(東京)から11月3日の決勝戦(横浜)までに全48試合が行われ、そのうち九州では10試合(福岡3試合、熊本2試合、大分5試合)の開催が予定されている。

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドニュース