インバウンドニュース

★タイムズカーレンタルと台湾大手レンタカー会社IWSが提携開始 日本・台湾のレンタカー予約が可能に

タイムズカーレンタルを運営するタイムズモビリティネットワークス株式会社と台湾大手レンタカー会社IWS艾維士小客車租賃股份有限公司は、訪日・訪台観光客へ向けたレンタカーサービスの相互送客について提携、11月2日から、両社のWebサイトを通じて予約を開始した。

タイムズカーレンタルは、日本全国の駅や空港を中心に展開する実店舗404店を活用し、日本の交通ルールなどを繁体字で記したサポートブックの配布や繁体字に対応したカーナビゲーションを設置することで、台湾からの旅行者に対応していく。また、海外からの渡航者専用のサポートセンターを設け、レンタカー利用に関して24時間10カ国語でサポートする体制も整えた。

一方、台湾国内23カ所で展開するIWSのレンタカーサービスでは今回、日本の旅行者向けに通常のレンタカーではなく、「運転手付き」レンタカーサービスを提供する。英語を話せる現地ドライバーが運転するので、海外での運転が不安な旅行者や運転免許証を持っていない人も利用できる。また、出発および、返却場所を店舗以外でも自由に設定することが可能で旅行プランに沿ったアレンジができる。車種は4クラスから選べ、セダン(TOYOTA カムリ)の場合、3時間 NT$2,400~。別途NT$1,000/日で日本語対応ドライバーを指定することもできる。

タイムズモビリティネットワークスと台湾のレンタカー会社との連携、IWSと日本のレンタカー会社との連携いずれも初めての取組み。 今後両社は訪日・訪台観光客ニーズを反映しながら、より快適な移動を実現すべくサービスを展開していく方針だ。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

インバウンドのレンタカー利用をサポート、4ヶ国語に切替可能なETC車載器が発売

レンタカー利用の訪日客に向けに、全国高速道路乗り放題パスを発売! — 国土交通省

関連インバウンドニュース