インバウンドニュース

★2018年の九州への訪日客、過去最速で累計400万人を突破

九州運輸局は12月5日、9月(確定値)及び10 月(速報値)の九州への外国人入国者数を発表した。9月の通常入国者数+船舶観光上陸者数(クルーズ船)は、前年比+1.7%の42万1,530人だった。2017年6月から16ヶ月連続で単月40万人を超え、9月としては過去最高となった。

また、10月の通常入国者数の速報値は、29万9,192人(前年比+6.5%)で、この速報値を足すと1月から10月までの累計は416万978人となり、過去最高であった昨年よりも早く、累計400万人を突破した。

国別にみると、韓国からの訪日客が18万3,502人と最も多く、次いで中国16万122人、台湾3万125人、香港2万280人、タイ2,274人と続く。前年同月比でみると、中国-9.4%、タイは-31.5%と落ち込んだが、韓国は+8.3%、台湾+1.9%、香港+11.9%と、いずれも9月としては過去最高を記録した。中国は通常入国者は前年比+24.1%と好調だったものの、クルーズ船入国者数が前年より2万1,790人少なく、前年比-14.0%となったため全体を押し下げた結果となった。

なお、1月~9月までの英米豪3か国の入国者数は、前年同期間と比べて、いずれも増加となった。九州運輸局では10月以降の欧米豪市場の動向も注視する考えだ。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

世界の富裕層が注目するガストロノミー 福岡は世界に名だたる「食の都」になれるのか

博多港発 日本海クルーズ船に乗船! ホテルに泊まって洋上を旅する

「アジア」の可能性に約30年前から注目、アジアフォーカス・福岡国際映画祭

関連インバウンドニュース