インバウンドニュース

インバウンド注目ニュースTOP5(2018/12/1~12/7)

1位

日本の温泉地を台湾のYouTuberがPRする「温泉総選挙 in 台湾」結果発表 第1位は宮城県のあの温泉!

台湾の人気YouTuber5人が、日本の温泉地で作成した温泉PR動画の再生回数でランキングを決める「温泉総選挙in台湾」の結果が発表された。
温泉総選挙事務局が(株)マイナビと協力し…

詳細はこちら

 

2位

内閣府、インバウンドの需要拡大について発表。地域格差の指摘、中国市場への期待、LCC就航便数の寄与まで幅広く分析

内閣府は、毎年恒例の地域経済に関する報告書「地域の経済 2018」を発表した。今回のレポートでは、地域経済に大きな変化をもたらしつつある人手不足問題に加え、インバウンド需要の拡大が焦点となった。
「インバウンド需要の取り込みに向けて」と題した第2章では…

詳細はこちら

 

3位

アジア・欧米豪のインバウンド意識調査、訪日の不安材料1位は「地震」。災害時の外国人対応が課題に

日本政策投資銀行(以下DBJ)と日本交通公社(以下JTBF)は11月30日、調査レポート「DBJ・JTBF アジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査(2018年度版)」を発表した。
2012年より毎年公表されている同調査は…

詳細はこちら

 

 

4位

2018年旅行におけるデジタル活用実態調査、3人に1人がスマホ予約決済の未経験。日本人の活用度の低さが浮き彫りに

世界の旅行・観光業界に向け流通などのソリューションを提供する英国の会社トラベルポートは、世界16,000人の旅行者に対し旅行の計画や予約、旅行中のデジタル活用度に関する実態調査を行った。昨年の19カ国からアジアやアフリカの6ヶ国を加え、今年は計25カ国の旅行者を対象に実施した。
まず目立ったのは…

詳細はこちら

 

5位

神戸市、地域活性化に向けてインバウンドなど6項目で楽天と連携協定を締結

神戸市と(株)楽天は12月1日、神戸市民へのサービス向上と地域活性化を目指し包括連携協定を締結した。連携事項への取り組みを行い、具体的な事業を実施する必要が出た場合は、それに伴う協議や契約を進めていく。
「若者とつくるみらいのKOBE」と題した神戸活性化プロジェクトの6つの項目は…

詳細はこちら

 

関連インバウンドニュース