インバウンドニュース

★北海道、IoTインテグレーション事業者とのタイアップで訪日客向け観光・防災情報の多言語配信へ

北海道を拠点にIoTインテグレーション事業を営むエコモット株式会社は、北海道庁が発信する外国人観光客向けの観光・防災情報を多言語配信する事業を開始する。
具体的には、北海道庁が運営するブログやSNSの観光・防災情報のコンテンツから外国人観光客に有益な情報を抜粋し、14カ国語にして配信する。北海道庁とのタイアップにより、北海道胆振東部地震で打撃を受けた観光地の風評被害を払拭し、道内へのインタウンド誘致拡大へとつなげたい考えだ。

image004-600x349
多言語配信は、セルラーLPWA(LTE-M)に対応したハンディ位置情報デバイスと、この端末を活用したクラウドサービス「MOTENAZ CLOUD」(モテナス クラウド)を通じて行う。外国人旅行者は、宿泊施設やレンタカー事業者で端末を受け取り、所在エリアに対応した情報をスマートフォンなどのウェブブラウザを通じて取得することができるようになる。また、災害時には避難所や充電スポットなどの災害対策情報を多言語で取得できるほか、位置情報をもとにした支援を迅速に行う「安否確認ツール」としても活用できる。「MOTENAZ CLOUD」サービスの全容と画面サンプルは下図の通り。

MOTENAZ CLOUD[2]MOTENAZ CLOUD[1]

出典:エコモット株式会社 プレスリリース

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

ブラック・セプテンバー 自然災害に見舞われた2018年はインバウンド業界に何をもたらしたか?

北海道震災復興アピール、情報発信や道政トップによる取り組み活発に

関連インバウンドニュース