インバウンドニュース

★ 中国・四国地方9県とDMO、西日本豪雨の風評払拭に向けて復興プロモーション展開

今年7月に発生した西日本豪雨により観光客が大幅に減少し、その影響を現在も引き摺っている観光力回復を目指し、中国・四国地方の9県が連携した復興プロモーションを展開する。

直接的に被害があった地域だけでなく、打撃の少なかった地域も含めて観光客が減少しており、いわゆる風評被害の状況からの脱脚を目指す。

このプロモーションでは、広島県,鳥取県,島根県,岡山県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県の9県と、せとうち観光推進機構,山陰インバウンド機構,四国ツーリズム創造機構のDMO3団体が連携。キャッチフレーズ「元気です!中・四国」を掲げ、知られざる中・四国の一押しのスポットや、改めて魅力を強調したい有名どころなども合わせて、選りすぐりの観光情報を届ける。

まずは、9県という数字にかけて各県のベストを集めた「#中国・四国  冬のベストナイン」を様々なカテゴリーで発表、冬の季節を楽しめる観光資源を紹介していく。「鍋」や「温泉」、「夕陽スポット」「海の幸」「SNS映え絶景」などのカテゴリーがある。例えば「鍋」では広島県の「牡蠣の土手鍋」、岡山県「そずり鍋」、鳥取県「カニすき」、高知県「ごめんケンカシャモ鍋」などを紹介。

これから四国への旅行を検討する、またはどこかで冬らしい観光を楽しみたいという人に向けて、中国・四国9県観光ツアーデスクおよびウェブサイトで発信していく。
(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

アジア・欧米豪のインバウンド意識調査、訪日の不安材料1位は「地震」。災害時の外国人対応が課題に

自然災害に見舞われた2018年、インバウンド業界に何をもたらしたか?

Airbnb、四国の観光業活発化のため、JR四国と業務提携へ

関連インバウンドニュース