インバウンドニュース

★中国「国慶節」で大型連休スタート!600万人が海外旅行へ

中国の建国記念日「国慶節」を祝う大型連休が、10月1日より始まった。中国の旅行サイト「携程網(シートリップ)」の予測では、連休中に海外旅行へ行く中国人は過去最高の600万人。行き先はタイ、日本、シンガポールが上位3カ国となっている。

人気の渡航先として中国人観光客の需要増加が期待される中、東京都内の免税店などでは、増加傾向にある個人旅行者向けのキャンペーンを強化している。銀座の免税店では、以前売れ筋だった電化製品や高級時計に変わり、最近では化粧品や美容家電の人気が高まっているため、売り場を改装したという。

日本の「中古品」も人気が高く、中古品の店舗を展開するブックオフコーポレーションでは、中国人向けの免税売上額が、昨年の同時期に比べ2倍に伸長しているという。渋谷の店舗では、特に有名ブランドのバッグや音楽CDなどが売れ筋となっている。

関西では、高島屋大阪店や阪急うめだ本店が、国慶節の連休期間中に免税カウンターを増設するなど、販売体制を強化している。

当局による団体旅行制限が囁かれる中、依然として中国人に人気の高い日本。今年は祝日が重なり、例年よりも1日長い8連休ということもあり、各地で中国人観光客向けのサービスが活況を帯びているようだ。

(やまとごころ編集部)

出典:

NHK NEWS WEB

日本経済新聞

関連インバウンドニュース