インバウンドニュース

★世界の航空会社ランキング2018発表。トップは5年連続でニュージーランド航空、ANAとJALも入賞

航空会社の格付けを行っているAirlineRatings(エアラインレイティングス)は、2018年のワールド・トップ10・エアラインランキングを発表した。それによると、ニュージーランド航空が5年連続で最高賞となる「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。
このランキングは、乗客からの評価、機内設備、安全性、収益性、保有機材の機齢、環境保護方針など13の審査カテゴリーにおいて航空会社を評価している。

ニュージーランド航空は、「エアライン・オブ・ザ・イヤー」に加え、「ベスト・プレミアム・エコノミー」賞も5年連続で受賞した。

トップ10には、全日空(ANA)と、日本航空(JAL)が選出。アジアからは、シンガポール航空、大韓航空、キャセイパシフィック航空の計5社がランクインされている。トップ10は以下の通り。

  1. ニュージーランド航空
  2. カンタス航空
  3. シンガポール航空
  4. ヴァージン・オーストラリア航空
  5. ヴァージンアトランティック航空
  6. エティハド航空
  7. 全日空(ANA)
  8. 大韓航空
  9. キャセイパシフィック航空
  10. 日本航空(JAL)

 

2018安全な航空会社も発表

 AirlineRatingsは、世界の409社の中から安全な航空会社トップ20社も発表した。こちらは全世界409社の航空会社を航空関連機関や団体の監査、航空事故や保有機の機齢、航空機の安全性、機内製品などを7ツ星評価システムを使い評価している。

トップ20に入ったフルサービスキャリアは、以下の通り(アルファベット順不同)。

・ニュージーランド航空
・アラスカ航空
・全日空(ANA)
・ブリティッシュ・エアウェイズ
・キャセイパシフィック航空
・エミレーツ航空
・エティハド航空
・エバー航空
・フィンエアー
・ハワイアン航空
・日本航空(JAL)
・KLM
・ルフトハンザドイツ航空
・カンタス航空
・ロイヤルヨルダン航空
・スカンジナビア航空
・シンガポール航空
・スイスインターナショナルエアラインズ(SWISS)
・ヴァージン・アトランティック航空
・ヴァージン・オーストラリア航空

 

同社は、同じ評価システムで格安航空会社(LCC)の安全性の高い航空会社ベスト10も選出。結果は下記の通りとなっている(順不同)。

・エア・リンガス
・フライビー
・フロンティア航空
・香港エクスプレス
・ジェットブルー
・ジェットスター・オーストラリア
・トーマスクック・エアラインズ
・ヴァージン・アメリカ
・ブエリング航空
・ウェストジェット

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドニュース