インバウンドニュース

2018年11月の訪日外客数245万1000人、米・英・仏など8市場が昨年の年計超えて過去最高に

日本政府観光局(JNTO)は12月19日に2018年11月の訪日外客数を発表。前年同月比3.1%増の245万1000人となった。これは2017年11月の237万8000人を約7万人上回り、11月として過去最高を記録した。

韓国、台湾、香港においては、夏から秋にかけての一連の災害の影響による当該地域への旅行控えなどの影響もあり、前年同月を下回った。一方で、欧米については、好調なクルーズ船需要や訪日旅行プロモーションの効果により、好調な伸びを示し、訪日外客数全体としては増加を維持した。

市場別では、17市場(中国、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で11月として過去最高を記録。1月からの累計では10月までに昨年の年計を超えたベトナム、イタリア、ロシア、スペインの4市場に加え、中国、タイ、フィリピン、インド、米国、英国、フランス、ドイツの8市場が、11月までに昨年の年計を超え、過去最高を更新した。

(やまとごころ編集部)

◆2018年10月の訪日客数はこちら

関連インバウンドニュース