インバウンドニュース

訪日台湾人の日本でのタクシー利用促進に向け、日台のタクシー配車サービスが連携

日本のタクシー配車アプリを展開する(株)JapanTaxiは、台湾のタクシー配車サービス「Taxi Go」を展開する(株)TaxiGoと連携し、日本のタクシーのグローバル化を進めていく。2018年12月20日より、台湾人が、自国で普段使い慣れているタクシー配車サービスを使い、日本のタクシーを呼ぶことが出来るようになった。

台湾でタクシー配車サービスを手掛ける「Taxi Go」は、台湾の主要都市の6,000台のタクシーと連携しており、チャットボットを活用し、LINEやFacebook Messengerを使ってタクシーを呼ぶことができる。台湾で2017年にスタートしたこのサービスは、これまでに100万人以上のユーザーを獲得し、ユーザー数が毎月10%成長している人気アプリだ。「Japan Taxi」アプリとの連携により、台湾ユーザーは慣れ親しんだ配車アプリを介して「 Japan Taxi」アプリに加盟する日本のタクシーを呼べるという仕組みだ。

2020年に向け、訪日客による日本のタクシー配車利用を促進する取り組みの一環で、「Japan Taxi」アプリの海外連携は韓国に次いで台湾が2番目となる。連携開始を記念して、2019年3月までローミング利用量無料キャンペーンを行い、台湾訪日客の日本での「Taxi Go」の利用を広めていく。今後は、日本のユーザーが台湾で「Japan Taxi」アプリによるタクシー配車ができるようにする、アプリの相互活用を目指す。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

タイムズカーレンタルと台湾大手レンタカー会社IWSが提携開始 日本・台湾のレンタカー予約が可能に

台湾最大の旅行展示会「台北国際トラベルフェア(ITF)」レポート、親子連れなど多く参加し、来場者数の記録更新!

関連インバウンドニュース