インバウンドニュース

米国NYタイムズ紙発表「2019年行くべきデスティネーション」で瀬戸内エリアが第7位に

米国で最も著名な新聞紙「The New York Times」の電子版 が1月9日、「52 Places to Go in 2019」を発表、第7位に「Setouchi Islands」がランクインした。世界各国から2019年行くべきデスティネーションを52カ所紹介した記事の中で、日本で唯一選ばれた。瀬戸内国際芸術祭をはじめ、しまなみ海道のサイクリングや昨年就航したサイクルシップ・ラズリ、広島平和記念資料館のリニューアルオープン、ベンチャー企業が企画する人工流れ星プロジェクトなど、2019年見逃せないアートや自然を舞台にしたイベントが次々開催されるエリアとして紹介されている。

昨年末から、欧米の各有力旅行雑誌が2019年の旅行業界のトレンドをつくるきっかけとなる2019年行くべき旅行先ランキングを続々と発表するなか、2018年12月のナショナル・ジオグラフィック・トラベラー英国版では「SETOUCHI」が1位に選ばれており、欧米市場での注目度が高まっている。

せとうちDMOは2017年度から、主要ターゲットの英・独・米・仏の欧米4市場において、旅行業界に精通したマーケティング会社を現地に設置し、現地メディアや旅行会社への戦略的なマーケティング活動を実施。その結果、瀬戸内が魅力的な日本の旅行先として認知度を高め、影響力のある雑誌で取り上げられるようになった。

今後もせとうちDMOでは、世界に向けた“SETOUCHI”のプレゼンスを上げていくとともに、2020 年の目標である瀬戸内7県で訪日外国人延べ宿泊者数 600 万人泊の達成に向け、取り組みを強化していく。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

「2019年行くべきデスティネーション」で “SETOUCHI”が日本で唯一ランクイン! 欧米の有力旅行雑誌が相次ぎ発表

せとうちDMOにインタビュー、先駆者が語る「日本版DMO」を成功に導くポイントとは

関連インバウンドニュース