インバウンドニュース

2018年訪日外国人消費額4兆5064億円で過去最高なるも、8兆円の目標には道のり遠く

観光庁は16日、2018年の訪日外国人旅行消費額(速報値)は過去最高の4兆5064億円となったと発表した。2017年は4兆4162億円だったため、伸び率は2%だった。2018年は1月から調査方法が変更(クルーズ客を対象とした調査も追加等)になったためで、従来の推計方法では4兆8000億円となり、およそ8.7%の伸びとなる。いずれにしろ、政府が掲げている2020年に8兆円という目標値ははるか彼方にあると言える。

訪日外国人旅行消費額を国籍・地域別にみると、中国が1兆5370億円で全体の34.1 %を占め、ついで韓国5842億円 (構成比13.0%)、台湾5839億円(同13.0%)、香港3355億円(同7.4%)、アメリカ2890億円(同6.4%)となった。

国籍・地域別の訪日外国人旅行消費額と構成比

スクリーンショット 2019-01-18 10.34.13

出典:観光庁報道資料より

また、訪日外国人1人当たり旅行支出は15万3000円で、2017年より0.9%減となった。国籍・地域別にみると、オーストラリアが最も高く(24万2000円)、次いでスペイン(23万7000円)、 イタリア(22万4000円)と続く。後者2カ国は旅行支出の伸び率で1、2位だったが、同日発表された年間訪日外国人数でも大きな伸びを示した。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

2018年訪日客数3119万2000人、19市場で過去最高を記録。自然災害から回復

2017年の訪日外国人消費額、初の4兆円突破

関連インバウンドニュース