インバウンドニュース

外国人患者の受け入れ強化へ 「九州国際医療機構」発足、医療ツーリズム支援も — 九経連

九州経済連合会は6日、九州における外国人患者の受け入れ体制整備を推進するため、「九州国際医療機機構」を設立した。

九州8県への訪日客数は2017年に493万5,000人を記録し、6年連続で過去最高を更新した。医療現場においても、急増する訪日客の受け入れ体制を強化し、さらには九州経済の活性化に繋げていくために、同機構の発足に至った。

近年では、言葉の壁によって外国人患者と医療関係者がうまくコニュニケーションが取れず、医療事故や診察拒否、医療費未払い等のトラブルが発生するケースが散見されている。また、男性医師への肌の露出を避ける、入院食でもハラル対応が必要など、宗教上の理由で診療や治療に支障をきたすケースもある。

こうした課題解決に向け、機構は医療スタッフ向けのセミナーを定期的に開催し、外国人患者への注意点をレクチャーする。また、問診票などの多言語化支援や医療通訳の勉強会開催、多言語対応が可能な医療機関などに関する情報発信、健康診断や治療目的で来日する「医療ツーリズム」の仲介など、医療にまつわる幅広い支援を手がけていく考えだ。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

訪日客への医療サービス拡充に向け、マニュアル作成や医療機関の選定など検討へ

政府、訪日客の医療費未払い解消に向け旅行保険の加入勧奨を強化

関連インバウンドニュース