インバウンドニュース

タイムズカーレンタルの外国語サイト、台湾版と香港版を用意。検索機能もインバウンド向けに簡易化

レンタカーサービスのタイムズカーレンタルが4月1日より外国語サイトをリニューアル、予約・検索機能をインバウンド向けに簡単にし、対応する外国語を今までの英語、韓国語、中国語(繁体字)から細分化、訪日客の利便性を強化した。

これまでも、ウェブサイト対応言語の拡大やスマートフォンへの対応、サポートセンターでの10カ国語の電話通訳の24時間化、日本の交通ルールや交通標記を説明したパンフレットを配布などインバウンド向けの様々な取り組みを行ってきた。今回のリニューアルは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会など、国際的イベントの開催で日本を訪れる外国人旅行者が、日本車の知識や日本の土地勘がなくてもレンタカーを快適に利用できるよう、一層の機能充実を図ったもの。

予約・検索機能の強化としては、テキスト検索に加えて地図上での店舗検索機能が加わった。これにより、日本の地名を知らない外国人旅行客でも宿泊先や目的地の近隣店舗を簡単に検索できるようになった。また、業界大手では初の事前カード決済に対応し、店頭での支払いの他にウェブサイトでの予約時にもオンライン決済が可能になった。ETCカードのレンタルも、ウェブサイトで予約可能にした。レンタルする車両の最大乗車人数などを明確に表示、基本料金とキャンペーン料金の一覧で料金比較ができるなど、利用内容の見やすさを改善した。

対応言語は新しく、中国語の繁体字サイトにそれぞれ台湾版、香港版を用意。レンタカー利用の多い台湾と香港の訪日客が、一層快適にサービス利用できるようになった。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

インバウンド客のレンタカー利用全国で12%、沖縄では61%。「道の駅」認知度は19%、利用目的は休憩・飲食

タイムズカーレンタルと台湾大手レンタカー会社IWSが提携開始 日本・台湾のレンタカー予約が可能に

関連インバウンドニュース