インバウンドニュース

インバウンド注目ニュースTOP5(2019/3/30~4/5)

1位

欧州の富裕層が最も訪れたい旅行先に日本が選出、豪州などを抑えて受賞 

スペインのマルベーリャで3月25日に行われた、欧州を中心とした富裕層旅行会社が加盟する組織「Traveller Made(トラベラー・メイド)」による富裕旅行商談会「The Essence of Luxury Travel」で、日本が「Most Desired Preferred Destination」(最も訪れたい旅行先)に選ばれた。
商談会の中で、加盟するホテルや観光局、DMCなど、現地での手配をする旅行会社(サプライヤー)などを対象とした賞「Traveller Made Awards」の授賞式が行われた。

続きはこちら

 

2位

訪日外国人に日本の受け入れ環境に関するアンケート実施、困ったこと1位は「施設スタッフとのコミュニケーション」 —観光庁 

訪日外国人旅行者の快適な旅行整備のため、観光庁では訪日外国人旅行者へのアンケート調査を定期的に行っている。今回は「旅行中に困ったこと」と、地方誘客において重要な「公共交通の利用の状況把握」に絞ってアンケートを実施した。
調査は、国内にある6つの国際空港や港で2018年11月から2019年2月まで実施し、4,037件の回答を得た。

続きはこちら

 

3位

観光庁、第5弾として21法人を日本版DMOに登録、計123法人。 新規候補は114法人に

政府は、地域がインバウンド向けの観光地経営をするにあたり、ブランディング、プロモーション、関係者の合意形成などにおいて主導していく法人を登録する制度、日本版DMOの形成・確立を推進している。
この推進事業の一環として、観光庁は、過去4回に渡って102法人を日本版DMOに登録。その法人に加え、3月29日付で第5弾として新たに21法人を登録した。

続きはこちら

 

4位

JNTO、準重点市場として中東地域、スイス、メキシコなど5市場でプロモーション拡大。在外公館等との連携も強化

日本政府観光局(JNTO)及び観光庁は29日、オランダ、スイス、メキシコ、ニュージーランドの4市場と中東地域を「準重点市場」と定め、訪日プロモーションの取組を大幅に拡充することを発表した。
2018年の国・地域別訪日外客数(暫定値)によると、オランダは対前年比14.3%増の72,069人、スイスは10.5%増の52,099人、メキシコは7.9%増の68,448人、ニュージーランドは12.8%増の73,208人と、いずれも過去最高を記録している。

続きはこちら 

 

5位

トリップアドバイザー世界の人気エアライン2019を発表、世界1位はシンガポール航空、日本はJALが3年連続1位に 

トリップアドバイザーが「トラベラーズチョイス™ 世界の人気エアライン2019」を発表した。2018年1月~2018年12月の1年間にトリップアドバイザー上に投稿されたエアラインの口コミの質、量、及び5段階評価をもとに集計したもので、今回で3回目の発表となる。

続きはこちら

関連インバウンドニュース