インバウンドニュース

2018年の来阪外国人客数が前年比3%増の1141万人を突破

大阪観光局は、2018年に大阪を訪れた訪日客が前年比3%増の1141万6,000人だったと発表した。観光庁の「訪日外国人消費動向調査」とJNTO「訪日外客数」をもとに推計したもの。

2018年は関西国際空港を発着する格安航空会社(LCC)の新規就航や増便など追い風があった一方、6月の大阪北部地震、9月の台風被害に伴う関西国際空港の一時閉鎖などマイナス要因もあったが、年間を通してみると、7年連続の増加となった。

国・地域別にみると、1位が中国で455万人、2位は韓国239万人、3位台湾122万3,000人、4位香港71万8,000人、5位タイ32万5,000人だった。前年比からの伸び率でみると、ベトナムが35%増ともっとも大きく、次いでシンガポールが26%増、ドイツとカナダが同じ22%増だった。一方、韓国、台湾、香港は前年比を割り込んだ。韓国、香港は東京でも前年比を若干割り込むと推計されており、リピーターが地方へ分散していると推測される。

大阪観光局は2020年までにインバウンド客1300万人を目標にしており、今後もさらなる増加のため取り組みを強化していく。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

日本のポップカルチャーを通じて観光交流 大阪観光局がヨーロッパからのインバウンド誘客を目指す

大阪観光局と加賀市がインバウンド誘客に向け協定締結、広域周遊ルート開発などで連携

“オール大阪で訪日客を呼び込む!” 大阪産業創造館主催「インバウンドフェスタ2019」レポート

関連インバウンドニュース