インバウンドニュース

親日度に関する調査、東アジア欧米豪など13カ国で実施。韓国と中国で「嫌い」が大幅に減少

アウンコンサルティング株式会社は、訪日外国人観光客の中で比較的割合の高い13カ国を対象に、親日度とそれに関するデータを調査しその結果を発表した。訪日客の大きな割合を占める韓国、中国、台湾、香港などの国から、アメリカやオーストラリア、イギリスといった欧米豪諸国にアンケートを実施。2018年に行った同様のアンケートとの比較も同時に行った。

「日本という国が好きですか?」という質問で「大好き」「好き」「嫌い」「大嫌い」からの4択で回答してもらったところ、2018年から比べて「嫌い」「大嫌い」が韓国では28%から17%、中国では15%から7%と大幅に減少した。「大好き」の割合が10%減少したのはシンガポール・ベトナム・香港だった。また前回では香港・タイ・ベトナムのみだったが、今回の調査ではタイ・マレーシア・インドネシア・フィリピン・オーストラリアの5カ国で「嫌い」「大嫌い」と回答した人が0%になり、全体的に日本への好感度が増している。

「日本人が好きですか?」という問いへの「嫌い」「大嫌い」の割合変化はあまり見られなかった。しかし、ここでも「大好き」と回答した人が大幅に減少。シンガポールでは36%、アメリカ・ベトナム・香港でも10%以上減少している。

「日本旅行での不安や困ったこと」で比率が高かったのは「スタッフとの会話が通じない」「地震等の災害」「交通費が高い」の3点だった。地方への旅行をする訪日リピーターを抱える中国・台湾・香港では、地方の多言語対応への遅れにストレスを感じるケースが多いと思われる。また自国でキャッシュレス決済に慣れている中国の訪日客は、特に「電子マネー決済」の整備の遅れに不満を感じていることが分かった。

(やまとごころ編集部)

欧米諸国で「日本が好き」90%超えに —世界13カ国の親日度調査結果発表

ジャパンブランド調査2019結果を発表、日本は「行きたい旅行先」で No.1、欧州の訪日意向の伸びが顕著

関連インバウンドニュース