インバウンドニュース

インバウンド注目ニュースTOP5(2019/4/20~4/26)

1位

サステイナブル・トラベルに関する調査結果を発表、日本人のエコ意識の低さが浮き彫りに

世界最大級の宿泊予約サイトBooking.comの日本法人ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社は、4月22日のアースデイに先駆け、旅行先の環境やコミュニティに配慮した旅行である「サステイナブル・トラベル」について2019年度版調査結果を発表した。調査は世界18の市場で合計1万8077名を対象に、2月~3月にオンラインで実施された。

続きはこちら

 

2位

訪日タイ人にアンケート。人気のスポットは富士山、観光地は大阪、都道府県は北海道が1位に

株式会社アジア・インタラクション・サポートは、日本旅行に関心を持つタイ人3054人に対し、「タイ人の訪日旅行に関する意向調査」を実施した。2018年に訪日したタイ人旅行者は113万人となり、この調査の回答者も78%が訪日経験があり、日本への関心が高まっている。

続きはこちら

 

3位

岐阜県で「匠の技」をテーマとした本格的な体験コンテンツVoyaginが造成、12種類を新たに販売開始

訪日外国人向けに体験型コンテンツを販売する株式会社Voyaginは、日本を代表する伝統工芸産業を多く有する岐阜県での商品開発を行い、「匠の技」をテーマとした本格的な体験コンテンツを造成し、その販売を開始した。岐阜県での体験型コンテンツとして、Voyaginでは1人3万円超えの刀鍛冶コースを訪日客向けに提供しており、月50人以上に販売している実績がある。

続きはこちら

 

4位

金沢駅前にインバウンド寿司店がオープン。料理長自らが英語対応へ

北陸新幹線の開通とともに利便性が増し、訪日外国人観光客が多く訪れるようになった石川県金沢市の金沢駅前に、訪日客も気軽に入れるインバウンド対応の寿司店がオープンした。英語を話す料理長がカウンターで寿司を握り、スタッフも留学経験のある人材を中心に採用している。

続きはこちら

 

5位

2019年1-3月期の訪日客消費額1兆1182億円、1人あたり旅行支出トップは豪州で23万円超に

観光庁は17日、「訪日外国人消費動向調査2019年1-3月期(1次速報)」を発表した。それによると、訪日外国人旅行消費額は1兆1182億円にのぼり、前年同月期の1兆898億円と比べて、284億円増えた。

続きはこちら

関連インバウンドニュース