インバウンドニュース

動画で配信する観光地のスポット名や交通情報をインバウンド客に提供、訪日客の情報収集をサポート

インバウンド客を誘致するために、自治体や観光団体が観光に関する動画を制作し情報発信をするケースが増えている。日本各地の魅力を伝えるコンテンツが増える一方で、動画で行ってみたい風景を見つけても、その場所の特定や行き方を自分で調べるのが外国人旅行者には難しいという問題がある。そんなインバウンド客のニーズに応えるべく、インターネットで観光動画を再生している際に、スポット名や位置情報、交通手段などを連動して紹介する新サービス「DeepJapan Video(ディープジャパン・ビデオ)」が公開された。

訪日観光情報サイト「DeepJapan」は、2013年8月に開設。800名を超える日本在住多国籍メンバーが、これから日本にやってくるインバウンド客向けに日本旅行のアドバイスとなる情報提供を行っている。今回公開した観光動画へのアクセスや地図情報をワンストップで提供する新サイトを通じて「風景は魅力的だが、場所や行き方がわからない」という外国人旅行者向け観光動画の課題を解決する。

地方自治体や観光団体の間でも、外国人旅行者向けの観光プロモーション動画が盛んに制作され、魅力を十分に伝える良質な動画が増えている一方、外国人旅行者にとっては、なじみの浅い地域の場所や公共交通での行き方を調べて旅行計画を立てるのは容易ではないとの声を受け、新サービスをスタートした。「DeepJapan Video」は動画共有サイトなどに公開されている良質な観光動画を引用し、動画内で紹介されているスポット名や地図上での位置、東京や大阪など主要都市からの公共交通機関によるアクセス情報も提供。それらをもっとも効率的に回遊するモデルルートなどを、ひとまとめに紹介するサービスとなっている。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

海の京都DMOが訪日客向けの農山漁村体験プログラムを造成、郷土料理「丹後ばらずし」の動画も世界中に配信

インバウンド客の観光周遊と消費拡大を目指し、福井県小浜市のDMOが動画プロモーションを開始

関連インバウンドニュース