インバウンドニュース

2019年4月の訪日外客数0.9%増の293万人。欧米豪は好調、東アジアは鈍化【速報】

日本政府観光局(JNTO)は21日、4月の訪日外客数が前年同月比0.9%増の292万7000人となったことを発表した。単月として過去最高記録であった2018年4月の290万1000人を2万6000人上回り、単月最高記録を更新した。また、1月~4月までの累計は1098万1000人にのぼった。

桜鑑賞などを目的とした訪日旅行プロモーションの効果をはじめ、昨年は3月末であったイースター休暇が今年は4月だったことから、欧米豪市場を中心に好調に伸びた。一方、日本のゴールデンウィークが10連休となった影響で、訪日旅行商品の高騰や観光地の混雑などを理由に、本来ならシェアの大きい東アジア市場は客足が抑えられ、訪日外客数全体の伸びは鈍化した。

国・地域別総数では中国が72万6100人と最も多く、次いで韓国56万6600人、台湾40万3500人、香港19万4800人、米国17万200人の順だった。

訪日客の64.6%を占める東アジア市場では、台湾が前年同月比14.2%減、韓国も11.3%と落ち込みが目立った。一方、訪日客の15.4%を占める欧米豪市場では、スペインが同年前月比51%増、イタリア35.9%増、ドイツ25.7%増と高い伸び率を示した。

市場別にみると、タイ、フィリピン、ベトナム、インド、カナダ、英国、フランス、イタリア、 ロシアで単月として過去最高を記録したほか、中国、豪州、米国、ドイツ、スペインで4月として過去最高を記録した。

(やまとごころ編集部)

◆2019年3月の訪日客数はこちら

 

関連インバウンドニュース