インバウンドニュース

地方の特産品を一気通貫で支援する「食」の地域ブランド化サービス、ドコモが旅行会社、クッキングスタジオと提供

訪日観光客誘致における地方の取り組みとして、特産品の開発とプロモーション活動に注力する自治体が増加しているが、これらを推進する上での課題も生まれている。「広告だけでは実際の誘客には繋がらない」「インバウンド客を引き込む特産品の開発が難しい」など、実際に取り組んだ自治体がぶつかる問題がある。これらを解決策すべく、JTB、ABC Cooking Studio、NTTドコモがタッグを組んだ「地域ブランド化サービス」が、5月16日より開始された

特産品のリサーチから開発、プロモーション、販路拡大を一気通貫で支援するシステムで、ABC Cooking Studioがオリジナルレシピの開発や、料理教室プログラムを提供。JTBがこれらのプログラムを組み込んだインバウンド向けの体験型コンテンツを企画・販売し、特産品の魅力を訪日客に体験してもらう。また気に入った特産品を継続購入してもらう手段として、JTBでは日本産農産物の越境ECサイト「J’s Agri(ジェイズアグリ)」を通じて、特産品の海外販売もサポート。さらに、ドコモのICTを活用したデジタルプロモーションで、国内外に特産品やコンテンツの魅力を発信していく。

取り組み第1弾として、地域資源の「黒豆」「温泉いちご」「メロン」などを用いて観光客の集客を狙う奈良県三郷町で、本サービスの提供を行う。3社が持つそれぞれのノウハウを生かし、「食」から始まる地域ブランド化で、地方のインバウンド観光力を向上していく考え。

 

main

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

食べ歩きのできる商店街 黒門市場が、訪日客を通じて世界に発信される仕組み作り

日本料理の海外普及を目指し、13人目の外国人料理人を料亭で受入れ —京都市

関連インバウンドニュース