インバウンドニュース

ムスリム対応の調味料開発・製造で、オタフクソースがハラールフードアワード受賞

オタフクソースが、ムスリム対応食材・食品・サービスの認知度向上に貢献した企業として「第2回ハラールフードアワード」のソース・調味料部門にて最優秀賞を受賞した。海外でも人気の日本食であるお好み焼き、焼きそば、タコ焼を特徴づけるそれぞれのソースと、寿司に不可欠なすし酢という4つの調味料が受賞対象の商品となる。日本ベジタリアン協会、一般社団法人ハラル・ジャパン協会などから成るプレミアム・フードショー実行委員会がこのほど表彰式を行った。

受賞した調味料は、世界に16億人以上いると言われるムスリムの人々が宗教上から口にできないアルコールや豚肉由来の原料を使用せず、すべての原材料がハラール認証を受けたものを使用。マレーシアJAKIM(イスラム開発省)からハラール認証を獲得している。ソース類には魚介類のエキスで旨味を出し、既存のソースに味を近づけたという。アルコール不使用のすし酢は、酸味と甘みのバランスがとれたマイルドな味わいだ。すべてオタフクソース・マレーシアがマレーシアで製造したもの。

これらの調味料は日本で輸入販売され、日本国内に10万人以上いるという在日ムスリム、訪日ムスリム向けのお好み焼き教室や留学生向けの試食イベントなどでも積極的に使用。宗教だけでなく、環境保護や健康上の理由から食制限を持つヴィーガン、ベジタリアンなどの人々向けにも動物性由来原料、化学調味料、アルコール原料不使用の「有機お好みソース」を今年3月に発売するなど、世界中の人々の多様なニーズに答える商品を開発している。

Screen Shot 2019-06-15 at 18.12.56

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

お好み焼きの千房、ムスリム対応店舗を道頓堀にオープン。国際ハラル牛や祈祷室で環境整備へ

インバウンド客が安心して食事を楽しめる環境を目指し、ムスリム・ベジタリアン向けの推奨マーク3種類を発表

関連インバウンドニュース