インバウンドニュース

2019年5月の訪日外客数3.7%増の277万3000人。欧米豪市場で好調続く【速報】

日本政府観光局(JNTO)19日、5月の訪日旅行者数を発表。前年同月比3.7%増の2773000人となったことがわかった。これは20185月の2675000人を約10万人上回り、5月として最高記録を更新した。

訪日客の割合の多い東アジア市場などでは訪日旅行商品の価格上昇や、ゴールデンウィークの混雑を避ける等の影響もあって、特に韓国、台湾、香港はマイナス成長だった。一方、イースター休暇の4月に高い伸びを示した欧米豪市場では5月も、全市場で前年同月を上回るなど好調な伸びだった。

市場別ではインドが単月として過去最高を記録したほか、14市場で5月として過去最高を記録している。

(やまとごころ編集部)

20194月の訪日客数はこちら

関連インバウンドニュース