インバウンドニュース

2018年の訪日クルーズ旅客数前年比3.1%減の245.1万人。中国・台湾発が減速、日本発及び世界一周は好調

6月27日、国土交通省が2018年の「訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港回数」を集計、確定値を発表した。クルーズ船の日本港湾への寄港回数は、前年比6.0%増の2,930回に。内訳は、外国船社運航のクルーズ船が1,913回、日本船社運航のクルーズ船が1,017回となる。しかしながら訪日クルーズ旅客数は245万1000人で3.1%減となった。

日本全国の139の港湾にクルーズ船が寄港したが、寄港数が多い順に港湾をみると、博多港が279 回(前年326回)と4年連続でトップになった。2位が那覇港243回(前年224回)、3位は長崎港220回(前年267回)。ただしこれらには、日帰りクルーズと船内泊のないクルーズ船の寄港の数値は含まれていない。

方面別に見ると、中国発のクルーズが999回(対前年比15.5%減)と減少し、台湾発のクルーズも247回(12.1%減)と減少した。その一方で、日本発クルーズが589回(21.9%増)と増加し、その他の世界一周クルーズ等も78 回(16.4%増)と増加があった。

中国発クルーズの減少は、中国のクルーズマーケット急拡大に伴い、各社が配船を急増させ競争が過熱した結果、マーケットが軟化し調整局面に入ったからと考えられている。2019年もこの傾向が続くと見込まれ、2020年に向け中国マーケットへのクルーズ船の配船増加を表明するなど、回復に向けた取り組みを進めている。国土交通省は、国際クルーズ拠点の形成やクルーズ船寄港回数の増加への取組みを官民連携で進めることが必要だ。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

2018年のクルーズ船、寄港回数は過去最高の2,928回なるも、訪日旅客数は中国発の寄港減少で3.3%減

2018年より地域調査とクルーズ調査を拡充、2018年4-6月期訪日客消費1兆1233億円に

関連インバウンドニュース