インバウンドニュース

JNTOとシンガポール航空、アジア・オセアニアからのインバウンド客拡大を目指し連携

JNTOは、シンガポール、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリアの主要5市場から日本への観光促進を目的とした協力覚書をシンガポール航空と締結した。JNTOが航空会社と協力覚書を締結するのは、今回が初めて。シンガポール航空は、東京(成田・羽田)、名古屋、大阪、福岡の4都市へ毎週77便、地域航空会社のシルクエアーが広島へ週3便、子会社のスクートが札幌、東京(成田)、大阪へ週37便と、日本へは合計で週117便を運航している。

シンガポールからの訪日旅行者数は過去5年間で2.3倍に増加。2018年は前年比8.2%増の43万7280人が訪日した。インドは14.6%増、インドネシアは12.6%増、マレーシアは6.6%増、オ ーストラリアは11.6%増の割合で、いずれも増加傾向だ。

この覚書による協力体制の一環として、今年度に約5千万円(約60万シンガポールドル)の投資を行い、上記の主要5市場に向けたマーケティング活動に注力していく。2020年に4000万人の訪日旅行者数達成を掲げる日本政府はこのパートナーシップをきっかけに、シンガポールのみならずシンガポール経由で日本を訪れる、アジア・オセアニアの旅行客を集客する考えだ。

シンガポール空港の重役でセールス&マーケティング担当のキャンベル・ウィルソン氏は「日本は、観光客とビジネス客いずれにとっても魅力的な目的地です。我々は日本政府観光局との新たなパートナーシップを通じて、この国の観光産業のさらなる成長に貢献できることを楽しみにしている」と語った。

Screen Shot 2019-07-18 at 22.22.18

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

トリップアドバイザー世界の人気エアライン2019を発表、世界1位はシンガポール航空、日本はJALが3年連続1位に

世界の航空会社格付けランキング2019、総合1位はカタール航空 日本勢は全日空が3位に

関連インバウンドニュース