インバウンドニュース

JALとDiDi、訪日中国人の空港送迎サービスで連携 ストレスフリーな移動の提供を目指して

中国で配車サービスを手掛ける滴滴出行(Didi Chuxing:以下滴滴)とソフトバンク株式会社の合弁会社であるDiDiモビリティジャパン株式会社(以下DiDiモビリティ)は、滴滴および日本航空株式会社(JAL)と連携した共同プロジェクトを2019年夏より開始する。中国、日本双方で、タイムリーかつストレスフリーな移動の提供を目指して3社共同で取り組む。

JALは、将来の成長戦略として策定したJAL Visionの中で新たな需要の獲得を掲げ、取り組みを強化しており、また滴滴は中国をはじめ世界中で5.5億人が利用する乗車用アプリを通じて、幅広い交通手段を提供する世界最大級の交通プラットフォームを展開。日本ではDiDiモビリティが、高品質なタクシー配車サービスを日本各地に展開している。

プロジェクト第1弾は、JALの中国発日本行きビジネスクラス航空券を購入した人に対し、日本国内で使用できるDiDiのタクシー割引クーポンのほか、上海、北京、広州の都市から空港までの送迎に利用できるクーポンを配布する。空港送迎では、最高クラスのベンツ、MBW、アウディといった最高クラスの車両を用意する。8月15日から10月末まで行う。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

中国最大の配車サービス「滴滴出行」大阪でタクシーサービスを開始!

ウーバー、仙台市で東北地方で初となる配車サービスを開始。郡山市と青森市でも今春スタート

関連インバウンドニュース