インバウンドニュース

2019年上半期に人気があった日本の都市はどこ? 国別のランキング ブッキング・ドットコムが発表!

宿泊予約サイトのブッキング・ドットコム・ジャパンは、2019年上半期に人気予約先となった都市についての国別ランキングと、世界の地域別に日本のどの都市を予約したかをまとめたランキングを発表した。調査は2019年1月1日から6月30日までの予約を対象に行った。

2019年上半期に人気予約先となった日本の各都市について、予約してきた外国人旅行者の国別ランキングをみてみると、東京では1位が中国、2位台湾、3位アメリカ、4位オーストラリア、5位韓国だった。大阪、名古屋、札幌の3都市においても中国が1位だった。東京以外に大阪、名古屋、福岡、札幌でもランキングの5位以内に中国、韓国、台湾の3カ国が必ず含まれており、日本各地でアジアからの旅行客が大勢を占めたことがわかった。特にタイに関しては、東京ではトップ5圏外だったが、東京以外の大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台ではいずれもトップ5圏内に入っており、地方に足を延ばしていることがわかった。

sub1

一方、世界の地域別に日本のどの都市(東京、京都、大阪、成田を除く)を予約したかをまとめたランキングでは、ヨーロッパ、オセアニア、南アメリカ、アフリカで1位が広島だった。北米では箱根が1位で、ヨーロッパ、アフリカでも箱根が2位にランクインした。アジアでは1位が福岡、2位名古屋、3位札幌、4位那覇、5位横浜となり、北海道から沖縄まで日本各地を旅行していることがわかった。オセアニアでは2位に白馬がランクイン。スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツの体験が目的とみられ、都会でショッピングなどを楽しむだけではなく、自然豊かな地方で「コト消費」の傾向が高まっていることがうかがえる結果となった。

sub3

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

ブッキング・ドットコム、ラグビーW杯の12開催地でおすすめ宿泊施設を発表、会場へのアクセスなどで

この冬、訪日外国人に人気の都市はどこ?ブッキング・ドットコムが発表

関連インバウンドニュース