インバウンドニュース

東京都、多摩・島しょ地域のインバウンド向け体験型旅行商品を販売 

東京都は、東京観光財団と連携し、多摩・島しょ地域への訪日外国人旅行者の誘致のため、地域の観光資源を活かした体験型旅行商品の販売を8月1日より開始した。

今回の体験型旅行商品は、訪日外国人旅行者向けの体験予約サイトVoyagin(ボヤジン)にて、多摩地域8件、島しょ地域(神津島)8件の計16件を特集ページに掲載。旅行商品例として、多摩地域では「お土産付きの酒蔵見学、利き酒体験」「ふくろうと一緒にお鷹の道や国分寺などを散策」、また神津島では、「ハートの池、裏砂漠などをめぐるハイキングツアー」「島の伝統料理を民宿で名物おかみと作る体験」などを販売している。

この事業は、「2020年に向けた実行プラン」のうち、「分野横断的な政策の展開 多摩・島しょの振興」に該当するもので、多摩・島しょ地域の森林や自然公園などの豊かな自然や食、伝統・文化などの観光資源を活用し、ツアーの造成を促進するほか、地域の魅力を効果的に発信する取り組みの一つとなっている。

tokyo_kozushima

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

岐阜県で「匠の技」をテーマとした本格的な体験コンテンツVoyaginが造成、12種類を新たに販売開始

東京の2018年インバウンド客数、過去最高の1424万人なるも伸び率は3.4%増で鈍化

関連インバウンドニュース