インバウンドニュース

イギリスのスポーツ関心層へ日本の魅力をアピール 飛込競技の英国代表トム・デイリー選手を起用

JNTOは、東京2020 オリンピック・パラリンピックを契機とした訪日旅行プロモーションの一環として、飛込競技の英国代表であるトム・デイリー(Tom Daley)選手を起用したPR キャンペーンを実施する。

8月1日から9日までの間、東京2020オリンピック聖火リレーの出発地である福島県をはじめ、東北地方4県にデイリー選手を招請し、會津藩校での剣道体験、羽黒山での山伏体験、奥入瀬渓流でのトレッキングなどを通して、オリンピック選手の目線から日本を紹介する動画を撮影。デイリー選手のSNS等でその様子を発信していく。

また、8月12日(月)には、ロンドンにてデイリー選手をゲストスピーカーに迎え、英国の主要メディアを対象としたメディアイベントを開催する。イベントでは、デイリー選手の日本での体験の様子を撮影した動画を上映するほか、自身の体験を通して感じた訪日旅行の魅力を紹介する。

東京2020 オリンピック・パラリンピックを1 年後に控え、日本への関心が高まる中、英国において圧倒的な知名度と人気を誇るデイリー選手の起用により、英国の幅広いスポーツ関心層に日本の地方の多様な魅力を発信し、英国からの訪日旅行者数のさらなる拡大、地方への誘客拡大を図る。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

欧州向け訪日キャンペーンでサッカー元スペイン代表のイニエスタ選手を起用、JNTOと楽天が共同で

JNTOとシンガポール航空、アジア・オセアニアからのインバウンド客拡大を目指し連携

関連インバウンドニュース