インバウンドニュース

インバウンド客ターゲットに羽田空港国際線でテストマーケティング実施、日本の魅力を世界へ発信

羽田空港では、国際線ターミナルを利用するインバウンド客を主な対象とし、同空港出国エリアにてテストマーケティングを実施する。ジェトロと羽田未来総合研究所が連携して行い、特設会場「Essence of Japan –Mastery Collection- HANEDA and JETRO creation」で、8月15日から4週間行う。

今回のプロジェクトでは、デジタル機器を活用した消費者の棚前行動データの分析をはじめ、参加企業・団体の海外展開に向けたデジタルマーケティングを、ジェトロ初の試みとして実施する。羽田空港国際線ターミナル出国エリアの店舗で商品が販売され、販売結果は参加企業にフィードバック。国内にいながら海外の消費者の購買傾向データが入手できる絶好の機会となる。テストマーケティングに参加する企業・団体は以下の通り。

〇参加企業一覧(商材)
株式会社アンカー/製造者:株式会社忠保(ボトルカバー兜)
株式会社土屋鞄製造所(皮革鞄)
天野漆器株式会社(螺鈿ガラス)
株式会社 宮津商店(鉄器)
株式会社ラッキー商会(シルバージュエリー)
株式会社EUROASIA/製造者:有限会社関島水引店(水引)
chico硝子意匠/製造者:宮崎 英彦(ガラス製品)
穴織カーボン株式会社(キッチン用品(カーボン鍋))
東洋スチール株式会社(ブリーフケース)
KISHU Plus 有限責任事業組合(漆器)
株式会社タケヤリ(帆布鞄)
有限会社シップペイント藤田(ランチョンマット)
大利木材株式会社(藍染木製食器)
鍋島 虎仙窯(陶磁器)
アリタポーセリンラボ株式会社(陶磁器)

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

訪日客のニーズに応え、羽田空港にビーガンレストランがオープン

インバウンド客向けに日本酒を多言語QRコードで紹介、中部国際空港で

関連インバウンドニュース