インバウンドニュース

東京オリパラ見据え、羽田空港の国際線を2020年3月末から大幅増便

国土交通省は2020年3月29日から新飛行経路の運用を開始し、国際線を大幅に増便することを発表した。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を目前に控え、訪日外国人旅行者の円滑な受入れ体制を整えるため、2020年3月29日から新飛行経路の運用を開始して国際線を年間約3.9万回増便する。羽田空港に離着陸する航空機は、一定の時間帯に限り、新たな飛行経路で運用することになる。

新飛行経路の運用に当たって心配される騒音や落下物対策などについて、国土交通省ではこれまで 計4回の「首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会」を開催。関係自治体や地域住民と協議を重ねてきた。8月7日に開催された第5回の協議会においては、国がこれまで実施してきた騒音・落下物対策や丁寧な情報提供に対して、関係自治体等から評価する意向が示された。また、首都圏の国際競争力強化や訪日外国人旅行者の受入れ等のため、羽田空港の機能強化は必要不可欠なものであり、国の事業として国の責任の下で進めるものであるとの理解も示された。

国土交通省としては、協議会で一定の評価・理解が得られたものの、引き続き住民からの心配の声があることを踏まえ、新飛行経路の詳細や騒音・落下物対策、国際線増便に向けた各プロセスの詳細等について、順次ホームページで公開していくとしている。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

羽田空港国際線出国エリアにおけるテストマーケティング 参加企業決定

関西国際空港の2019年上期旅客数、過去最高の1615万人に。インバウンド旅客数は900万人に迫る勢い  

関連インバウンドニュース