インバウンドニュース

増加する訪日客に向けてビーガン対応の「野菜で作ったお弁当」発売開始

株式会社崎陽軒は、8月23日より「野菜で作ったお弁当」(税込1200円)の受注販売を開始する。訪日外国人旅行客の中にはベジタリアンも多く、より多くの外国人消費者へ横浜と日本の駅弁文化、崎陽軒の弁当の周知を図るため本弁当を開発した。

内容は、ビーガン向けに五葷*不使用の対応とし、動物由来の食材は一切使用せず、肉の代わりにソイミートやおからを用いたシウマイや、酢豚をイメージした甘酢和えなど、しょう油、塩、野菜出汁をベースに薄味で仕上げたもの。

「野菜で作ったお弁当」の内容
・白飯(トッピング:黒ごま)
・ベジタブルシウマイ 2個:野菜出汁や生姜、しょう油で味付けしたソイミート、筍、椎茸、おからから作った崎陽軒のベジタリアン向けシウマイ。
・ソイミートの甘酢和え
・絹厚揚げの野菜あんかけ
・カポナータのペンネパスタ
・野菜のピクルス(蓮根、椎茸、大根、パプリカ、花型人参)

*五葷とは「ねぎ」「にんにく」「にら」「たまねぎ」「らっきょう」といった匂いの強い野菜のこと。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

インバウンド客が安心して食事を楽しめる環境を目指し、ムスリム・ベジタリアン向けの推奨マーク3種類を発表

ムスリム対応の調味料開発・製造で、オタフクソースがハラールフードアワード受賞

関連インバウンドニュース