インバウンドニュース

訪日外国人ファミリーやグループ向けホテルで味わえる日本体験に関する斬新なアイデアを募集 [PR]

大和ハウスグループの株式会社コスモスイニシアと株式会社コスモスホテルマネジメントは、日本の新しい滞在体験を考えるコンペティション『MIMARUツーリズムコンペティション2019』を開催、「都市滞在での日本体験」をテーマにオリジナル提案を募集する。

APARTMENT HOTEL MIMARUは、約40㎡の広い空間にキッチンやリビング・ダイニングスペースを備え、ファミリーやグループでの中長期滞在ニーズに対応する都市型アパートメントホテルで、コスモスイニシアが開発、コスモスホテルマネジメントが運営を行なっている。特に訪日外国人旅行者に向けて、快適性とホテル独自の日本体験を提供することをコンセプトにした宿泊施設となっている。

sub1

今回のコンペティションを通じて、日本そして地域の魅力を発信する施設として宿泊者の滞在価値が最大化される提案を「ビジュアル部門」と「アイデア部門」の2部門で募集する。

応募は誰でも可能。ただし受賞時には一部個人情報について発表可能であることが条件となる。グループ参加の場合は代表者を立てること。

応募作品は、応募者自身のオリジナル作品であり国内外未発表かつ、受賞発表までの間に商品化及びその予定が無い物に限る。

1つ目のビジュアル部門では、ホテル内に展示する絵画・イラスト・書道・生け花・テキスタイル等のアート作品及びインスタレーション、客室や共用部の家具及び空間デザインについての提案を、2つ目のアイデア部門は、IoTや新たなテクノロジーを活用した、観光・ホテルサービス、ビジネスモデル等の提案について募集する。日本語または英語で制作の上、デジタルデータで提出する。

提出方法はコンペティションサイトの応募フォームに記入の上、応募作品をアップロードする。なお、締切は12月20日。

結果は2020年1月中に受賞・入選者へ電話またはメールで連絡する。各部門の最優秀賞1点には賞金20万円、各部門の優秀賞5点に5万円、MIMARU賞としてビジュアル部門1点に10万円が贈呈される。

コンペティションの詳細はこちら

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

訪日中国人へのアンケート調査実施、彼らが日本に期待することと満足した体験とは?

トリップアドバイザー、地域の魅力をアピールするプラットフォーム 観光協会やDMOに向け提供

関連インバウンドニュース