インバウンドニュース

損保協会、ラグビーW杯などに向け訪日・在留外国人向け安心安全支援Webサイトを開設

日本損害保険協会では、訪日・在留外国人の日本における安心で安全な生活や滞在を支援するため、9月6日、Webサイト「Information on Staying Safe in Japan」を開設した。

9月から開催されるラグビーワールドカップ2019日本大会や2020年7月から開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会により訪日外国人の大幅な増加が見込まれ、また、改正出入国管理法の施行により在留外国人の増加も見込まれている。

本サイトでは、観光庁や日本政府観光局と連携し、英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・日本語の5か国語で災害や交通事故、病気時に必要となる緊急連絡先などの情報を紹介するほか、一時滞在者、日本在住者向けに、日常生活のリスクと損害保険の概要について解説している。また、パソコンからだけではなく、スマートフォンからの閲覧にも対応。

日本損害保険協会safety website

また、Webサイト広報ツールとして、より多くの訪日・在留外国人の方にWebサイトの周知を図るため、WebサイトのQRコードを掲載したチラシ、うちわ、ポケットカードを作成、配布する。

(やまとごころ編集部)

ラグビーワールドカップ2019 x インバウンド特集ページ公開中bnr_rwc_02-02

関連インバウンドニュース