インバウンドニュース

インバウンド増加で需要が高まるヴィーガン対応食「家庭用ヴィーガンピザ」10月上旬より発売開始

マーガリンやチーズ、ホットケーキなどの製造・販売を手掛けるマリンフード株式会社は、「ヴィーガンシリーズ」の新商品として、3種類の家庭用ヴィーガンピザを10月上旬より発売する。

海外からの訪日客の増加を踏まえ、誰でも食べられるヴィーガングルメ需要の高まりが予想される中で、ヴィーガンピザは、独自のチーズ代替品などを使用したことで、これまでピザが食べられなかったヴィーガンの方も楽しめる商品となっている。

「家庭用ヴィーガンピザ 新大陸の勇者」は、肉の代わりに大豆を主原料とする代替素材を使用し、彩りの良い細切りピーマンとグリルトマトをトッピング。また、「家庭用ヴィーガンピザ パイナップル姫の恋」は、スライスパイナップルとオクラ、ブラックオリーブをバランス良くトッピングして、パイナップルの酸味と甘味が効いた、フルーティな味わいが楽しめる。さらに、「家庭用ヴィーガンピザ 白い国のポテト」は、子どもが好むスライスポテトとコーンをベースに、角切りの赤ピーマンをトッピングした、北海道産ジャガイモのほくほく感が味わえるボリューム満点のピザ。

なお、今回発売するヴィーガンピザ3商品は、「ヴィーガンソフト」、「ヴィーガンシュレッド」、「ヴィーガンホットケーキ」に次ぐ同社4番目のヴィーガン製品。アレルゲン27品目不使用であるこれまでのヴィーガンシリーズとは異なり、ヴィーガンピザは生地に小麦を使用、また「家庭用ヴィーガンピザ 新大陸の勇者ピザ」には大豆が含まれているが、卵や乳といったアレルゲンは使用していない商品となっている。(同一工場にて乳、卵、えびを含む製品を製造。)

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

増加する訪日客に向けてヴィーガン対応の「野菜で作ったお弁当」発売開始

ヴィーガン認証の日本酒でインバウンド客に訴求 群馬・永井酒造

関連インバウンドニュース