インバウンドニュース

2019年7-9月期の訪日客消費額1兆2000億円、1人あたり旅行支出トップは仏で25万円超に

観光庁は16日、「訪日外国人消費動向調査2019年7-9月期(1次速報)」を発表した。それによると、訪日外国人旅行消費額は1兆2000億円にのぼり、前年同月期の1兆1004億円と比べて9.0%増、金額にして996億円増えた。1-9月では3兆6189億円となり、過去最高額を記録した。国籍・地域別に訪日外国人の旅行消費額をみると、中国が5051億円(構成比42.1%)と最も大きい。次いで、台湾1386億円(11.6%)、韓国915億円(7.6%)、香港855億円(7.1%)、米国788億円(6.6%)の順で、これら上位5カ国・地域で全体の75%を占めた。3位に入った韓国だが、前年同月比でみると32.4%減と突出した落ち込みとなった。

1人あたりの旅行支出は一般客が16万5000円、クルーズ客が3万8000円だった。国籍・地域別にみるとフランスが25万2000円、スペイン22万7000円、オーストラリア21万5000円の順で高かった。費目別にみると、買物代が5万2000円と最も高く、次いで宿泊費5万1000円、飲食費3万7000円の順だった。 宿泊費は欧米豪で高い傾向がみられ、フランスが10万6000円と最も高く、次いでスペイン9万2000円、イタリア9万1000円の順だった。買物代は中国の9万4000円が最も高かった。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

2019年上半期のインバウンド消費額前年同期比8.8%増の2.4兆円、年内5兆円超えるか!?

2019年1-3月期の訪日客消費額1兆1182億円、1人あたり旅行支出トップは豪州で23万円超に

関連インバウンドニュース