インバウンドニュース

中部国際空港が2019年度上期の利用実績を発表。インバウンド需要の後押しを受け、航空旅客数・構内営業売上高が過去最高に

中部国際空港株式会社は、中部国際空港セントレアの2019年度上期(4-9月)利用実績を発表した。航空旅客数は旺盛なインバウンド需要が後押しし、速報値で698万8265人と、開港当時の2005年度を越えて過去最高を記録。外国人旅客は183万7673人で、前年から23%増えた。また9月単月の旅客数は前年比4%増の112万6807人となり、2015年7月から51か月連続で前年同月越えとなった。

 構内営業売上高も、訪日外国人旅客数の増加を背景に上昇。空港内免税店の売り上げは前年比12%増の140億7500万円、免税店を含む全体の売上高は前年比12%増の219億3100万円となり、2005年の開港以来過去最高となった。

また、昨年10月にオープンした複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」も好調で、累計来館者数150万人の年間目標を早々に達成し、開業1周年の10月12日までに累計来館者数が160万人を突破した。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

中部国際空港の2018年度航空旅客数、過去最高の1235万人に。訪日客利用が好調で免税店売り上げ238億円

インバウンド客向けに日本酒を多言語QRコードで紹介、中部国際空港で

 

 

関連インバウンドニュース