インバウンドニュース

ラグビーW杯期間中の宿泊者数は65万人、前年同期比1.5倍とAirbnbが発表

11月2日に閉幕したラグビーワールドカップ2019の開催期間中に、全国の宿泊者数が65万人に達したとAirbnbが発表した。これは前年同期比で1.5倍となり、「イベント民泊」を積極的に実施した効果という。イベント民泊とは大規模イベントの際に宿泊施設不足を補う臨時措置として、自治体の要請により旅館業の営業許可を持たない一般の自宅が提供する宿泊サービスのこと。Airbnbによると、特に12開催地では前年同期比で2倍以上、110%増の37万人と宿泊者数が著しく増加し、ホストの収益も前年同期比108%増と地方経済に貢献している。

世界中から注目されたラグビーワールドカップ2019では、多くの訪日客が地方にも訪れた。出発地は145カ国、8,894都市に及び、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、カナダ、アイルランドなど特に欧米豪からの訪日客が急増した。Airbnbでは、12開催地のうち大分県、釜石市、熊本県、神戸市西区・北区、東大阪市の5地域でイベント民泊を実施。会場のある地域で宿泊することにより、日本の魅力を満喫してもらったとしている。

Airbnbでは「今後予定されている大規模イベントに向け、Airbnbは日本の観光業界がさらに成長し、多様化するための役割をつとめ、サポートを継続していきたい」と述べている。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

 ラグビーワールドカップ開催都市の注目度は? 2019年上半期宿泊動向を発表

ラグビーW杯開催中の経済効果Airbnbが予測、訪日客がホストにもたらす収入49億円、宿泊予定者数は前年同期比123%の35万人

 

関連インバウンドニュース