インバウンドニュース

台湾における2018年度の対日世論調査 最も好きな国は日本 過去最高更新

公益財団法人日本台湾交流協会はこのほど、2018年度の対日世論調査の結果を発表した。台湾における対日意識の変化を把握するため、2008年から開始し6回目となる今回は、2015年以来3年ぶりとなる。2019年2月にインターネットと電話によるアンケートを実施し、20~80歳の男女1003人から回答を得た。

最も好きな国について尋ねたところ、日本と回答した人がいちばん多く、前回の2015年度から3ポイント増えて59%となり過去最高を更新。2位の中国8%、3位の米国4%大きく引き離し、台湾における日本人気の高さを示す結果となった。年代別にみると、65歳以下のすべての年齢層で日本を好きな国と回答した比率は50%を超え、中でも30~39歳の年齢層では70%に達した。

日本のイメージは、1位が決まりを守る国で74%、2位が自然の美しい国で72%、3位が豊かな伝統と文化をもつ国の69%だった。

日本のどの分野に関心がありますかとの問いには、1位が観光の80%、2位は食文化の68%、3位は日本人の精神・哲学で56%、4位は自然風土で55%、5位は現代文化・ポップカルチャーの50%だった。

今後台湾が最も親しくすべき国を日本と回答した人は、37%と最も多かった。次いで中国と回答した人は31%で、前回調査の2015年の22%から9ポイント上昇し、1位の日本との差は17%から6%に縮まった。台湾に最も影響を与えている国は、中国が45%と最も多く、次いでアメリカが33%、日本が15%だった。日本と台湾の関係は53%が良いと回答しており、悪いと回答したのはわずか4%だった。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

2019年9月訪日客のトレンド予測を発表。台湾・香港は「軽井沢」「上高地」が人気、東南アジアは?

台湾・香港の7割が半年以内に訪日予定、香港は訪日10回以上のヘビーリピーターが半数 —FUN! JAPAN調査

関連インバウンドニュース