インバウンドニュース

2019年10月の訪日客数は5.5%減の249万7000人、東南アジアは前年同月比2桁の伸び【速報】

日本政府観光局(JNTO)は20日、10月の訪日外国人数を発表。前年同月比5.5%減の249万7000人となり、2018年10月の264万1000人を約14万人下回った。

ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催により、出場国からの訪日外国人数が前年同月に比べ8万1000人増えたことや、東南アジアの全市場で前年同月比2桁の伸びを記録するなど、引き続き堅調に推移していることが押し上げ要因となったが、訪日外国人数が多い韓国市場の減速が前年同月比65.5%減と著しく、訪日外国人数全体では前年同月を下回る結果となった。

市場別では、英国、ロシアで単月として過去最高を記録したほか、14市場(中国、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、フランス、ドイツ)で10月として過去最高を記録した。

(やまとごころ編集部)

◆2019年9月の訪日客数はこちら

関連インバウンドニュース