インバウンドニュース

初の霞が関官僚系YouTuberが誕生。インバウンド拡大も見据え、日本の農林水産物の魅力を国内外にアピール

農林水産省では、職員自らがスキルや個性を活かしてYouTuberとなり、日本の農林水産業の魅力を国内外に伝える動画配信を1月7日からスタートさせた。

チャンネル名になっている「BUZZMAFF(ばずまふ)」とは、農水省の英語名「Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries」の頭文字「MAFF」にちなんだもの。これまでの大臣会見や施策に関する動画を配信する省公式チャンネルとは一線を画し、官僚自らが被り物をして登場するなどのゆるい作りになっている。

「BUZZMAFF」の立ち上げに当たり、農林水産省では積極的に情報発信を行いたい職員やグループを昨年10月に公募。24の職員やグループから応募があり、その中から14のチームが選定された。選ばれた14のチームは「農林水産省公式YouTuber」として、1月7日から発信を順次開始。現在、さつまいも好きな職員がMCとなり、さつまいもオタクと共にその魅力を語り合う動画、都内のアンテナショップで買った各県のおつまみや飲み物を使って、仕事帰りに公園で一人でピクニックをする動画、東北の食材だけでラーメンを作る料理動画などのラインナップだ。

今後は、職員がダーツを投げて当たった棚田を実際に訪ねて、棚田の魅力を紹介する番組や、日本茶好きな職員が様々な場所でお茶会を開き、茶道の魅力を伝える番組などが予定されている。

農水省では、安全で美味しい日本の農林水産物の魅力をわかりやすい動画配信で伝えることで、食品の輸出やインバウンドの拡大にも寄与するものと期待している。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

日本食の魅力発信に向け日本産食材をPRするイベント、ドイツのデュセルドルフで開催 —農水省

ECで商品を販売する日本茶セレクトショップが人気Youtuberと動画作成で、英語圏へアピール

関連インバウンドニュース