インバウンドニュース

2020東京オリンピック&パラリンピックで「クラウディングアウト」を回避する周遊パスをJR東日本が販売

2020東京オリンピック&パラリンピックの開催時期において予想される「クラウディングアウト」現象を回避するための対策として、JR東日本が東北や信越などのエリアをお得に周遊できる鉄道パスを販売する。クラウディングアウトとは、大型イベント開催時に発生する混雑や滞在費の高騰を見越し、その時期に該当エリアに旅行することを避ける人が増えて結果的に旅行者が減ることをいう。

オリンピック&パラリンピックの観戦目的などで多くの旅行者が訪れて混雑すると見られる今夏の東京を避け、東北、信越エリアをお得に周遊してもらうことを狙って企画。設定期間中はJR東日本管轄内の新幹線や特急などが乗り放題になる。商品名称は「JR EAST Welcome Rail Pass」で、パスが使用できる設定期間は2020年7月21日から9月11日までの予定。期間内で連続する3日間が乗り放題の有効期間となる。

発売箇所は、首都圏のJR East Travel Service Center、びゅうプラザなどで、成田空港や羽田空港などでは混雑を避けるため販売は行わない。具体的な発売価格や発売箇所、利用可能エリアは後日発表される。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

 2020年東京五輪への興味と認知度はどれくらい?アジア7カ国でFAN! JAPANが調査

オリンピック訪日観戦希望者の約9割が地方旅行にも興味あり—DBJ調査

関連インバウンドニュース