インバウンドニュース

訪日外国人旅行者向けSuicaでショッピングも可能に JR東日本と三井不動産グループが連携

ららぽーとやラゾーナ川崎プラザなどの商業施設を運営する三井不動産商業マネジメント株式会社とJR東日本は、訪日外国人旅行者向けICカード「Welcome Suica」の利用者を対象に、三井アウトレットパークなど対象施設で使えるショッピングサービスの提供を開始する。

「Welcome Suica」はデポジットなしで28日間使用できる訪日外国人旅行者向けICカードで、鉄道やバスをキャッシュレスで乗り降りできる。今回の連携では、Suicaが電子マネーとしてショッピングにも使えることを広く告知するとともに、訪日観光の主なタッチポイントである「駅」と「商業施設」をシームレスに結び、インバウンド消費の拡大を図る。

1月24日からは、三井不動産グループの商業施設で使える買物券をプレゼントする「Welcome to Japan Campaign」を開始する。「Welcome Suica」または「JR EAST PASS」の東北、長野、新潟エリアの購入利用者を対象に、三井ショッピングパークやアウトレットパークなど対象の14施設で使える500円相当の買物券(税込5000円以上の購入の場合に利用可能)と、ショッピングクーポンの引換チラシをプレゼントする。期間は1月24日~3月31日まで。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

2020東京オリンピック&パラリンピックで「クラウディングアウト」を回避する周遊パスをJR東日本が販売

インバウンド向けの交通系ICカード、Suicaとパスモが今秋導入へ

関連インバウンドニュース