インバウンドニュース

新型コロナウイルス:訪日滞在の不安を感じていない旅行者、欧米豪圏は81%、中華圏は13%と大きな差

日本国内でも新型コロナウイルスに関連した感染症の症例報告があったことに伴い、海外向けWebプロモーションやインバウンド集客事業を行う株式会社LIFE PEPPERは、今後のインバウンド対応に何が求められているのかを把握することを目的として「訪日外国人観光客の新型肺炎に対する意識・行動の変容に関する調査」を行った。調査は浅草と上野にて10〜70代の訪日中の外国籍男女を対象に2月5日から7日の3日間で行い、欧米豪圏73、中華圏126の計199サンプルを分析したもの。

欧米豪圏の81%が不安を感じていないと回答

「訪日滞在への不安」については、欧米豪圏の81%が「不安を感じていない」と回答。さらに、「全く感じていない」と回答した人は欧米豪圏では47%で、中華圏4%との差は11倍と、不安度に大きく意識の差がある事が明らかになった。また多くの欧米豪圏の訪日客が、「日本は自国に比べて綺麗(清潔)なので、感染症が騒がれているアジアでも、不安感が少ない」とコメントした。

中華圏は寿司や魚介を避ける傾向が顕著

全体的に「寿司」や「魚介」を避ける様子が伺えるが、特に中華圏からの訪日客にその傾向は顕著のよう。これは新型コロナウィルスの出元とも言われている華南海鮮市場のイメージが起因している可能性がありそうだ。

中華圏によるドラッグストア利用率の増加は突出

中華圏では「ドラッグストア」の利用率が増えたと解答した人が12%と突出している。回答者の多くが「マスクや除菌グッズを買うため」とコメントしており、中には店舗をはしごして買い求める人も見られたという。

店舗や宿泊施設のアルコールスプレーやマスクの設置に安心感

訪日旅行中、「店舗や宿泊施設のアルコールスプレーやマスクの設置」、また「清潔感」を感じる場所が訪日観光客の安心を促しているようだ。その他、「人が親切だった」や、「言語対応」と解答した人もそれぞれ1割程いた。

全体として、行動での変化は顕著には表れていない事から、インバウンド対策を行う企業は、過剰に反応するのではなく、まずは訪日観光客にとって安心感を与えられるよう、冷静な対応が求められているのかもしれない。

(やまとごころ編集部)

 

 

編集部おすすめ関連記事:

新型コロナウイルス:【まとめ】各国の日本への渡航に関する動き—感染広がる日本に強まる警戒

新型コロナウイルス:各国の対応まとめ—感染リスクの高い日本からの旅行者へ厳しい措置

新型コロナウイルス: 各国はどのように対応しているのか。オリンピック開催への影響は?

感染拡大つづく新型コロナウイルス。収束はいつになるのか、旅行業への影響は?—専門家の意見まとめ

いざという時に役立つ『新型コロナウイルスによる肺炎対応で知っておきたい情報一覧』

 

 

関連インバウンドニュース