インバウンドニュース

2020年1月の訪日外国人数1.1%減の266万1000人、韓国市場の減速止まらず

日本政府観光局(JNTO)は19日、1月の訪日外国人数を発表。前年同月比1.1%減の266万1000人となったことがわかった。これは2019年1月の268万9000人を約3万人下回り、4カ月連続で前年同月を下回った。

訪日外国人数が多い韓国市場の減速(前年同月比59.4%減)が、訪日外国人数全体が前年同月を下回る要因となったが、昨年は2月であった春節が今年は1月になり訪日需要増の時期が前倒しとなった影響等により、東アジア市場の一部、東南アジア市場などで前年同月比が2桁の伸びを記録した。

市場別では、豪州で単月として過去最高を記録したほか、韓国、ドイツを除く17市場(中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、米国、カナダ、英国、フランス、イタリア、ロシア、スペイン)で1月として過去最高を記録した。

(やまとごころ編集部)

◆2019年12月の訪日外国人数はこちら

関連インバウンドニュース