インバウンドニュース

ドラッグストア2020年1月のインバウンド消費調査 新型コロナウイルスの影響色濃く

ビッグデータマーケティングのTrue Dataは、全国ドラッグストアのPOSデータによる2020年1月および春節期間のインバウンド消費動向調査を発表した。

2020年1月の1店舗あたりのインバウンド消費購買金額は、前年同月比3.4%増加し、2018年10月以来15カ月ぶりのプラスとなった。1店舗あたりの購買件数が増加し、前年同月比11.1%増。新型コロナウイルスの影響でマスクを買い求める訪日外国人が多く訪れたことによるとみられ、売上個数ランキング上位30商品のうち、マスクが12商品を占めた。

また、1月24日から1月30日までの春節期間における1店舗あたりの購買金額は前年比23.6%増加、1店舗あたりの購買件数は59.1%と大幅に増加した。新型コロナウイルスが本格的に話題になり始めた1月中旬以降、マスクが大きく売り上げを伸ばし、前年の春節期間と比べ23倍となった。

JNTOの発表によると、1月の訪日外国人数は4か月連続で前年同月を下回り、前年同月比1.1%減少となった。1月27日より中国からの団体ツアー、航空券とホテルのパッケージ商品の販売が禁止されていることから、2月以降も訪日客の落込みが予想され、ドラッグストアのインバウンド消費への影響が懸念される。

ランキングは以下の通り。

(やまとごころ編集部)

編集部おすすめ関連記事:

ドラッグストア2019年12月および年間のインバウンド消費調査、単月と年計どちらも減少

ドラッグストア2019年11月のインバウンド消費調査、あのリップクリームが5カ月連続で売上個数1位に

関連インバウンドニュース