インバウンドニュース

新型コロナウイルス対策の接客用語集17フレーズ×4言語を無償配信

多言語メニューの作成を支援するオンラインサービス「World Menu」を提供するアイ・ディー・エー株式会社では、ホテル・飲食店で活用できるコロナウイルス対策に関連する多言語の接客用語集を3月2日から無料で配信している。

多言語翻訳はすべてプロの翻訳者によるもので、「発熱や咳などの症状がある方、体調がすぐれない方はスタッフまでお声がけください。」など、接客の現場で活用できる17フレーズを英語、簡体字中国語(中国本土向け)、繁体字中国語(台湾向け)、韓国語の4カ国語で収録している。

「World Menu」との契約有無に関係なく、店名やメールアドレスを入力すれば、特設サイトから無料でダウンロードできる。ダウンロードしたデータは、印刷して店舗へ掲示するなど自由に利用することが可能だ。

アイ・ディー・エー株式会社では、「World Menu」を実際に導入している飲食店や旅館・ホテルのインバウンド担当者からコロナウイルス対策に関する案内フレーズの翻訳依頼が多数寄せられており、今回のフレーズ集を自由に活用して、訪日外国人の接客業務円滑化および感染拡大防止に役立ててほしいとしている。

(やまとごころ編集部)

 

編集部おすすめ関連記事:

4/2更新【入国規制まとめ 】日本への入国拒否、ついに英米も加え73カ国・地域に拡大

【コロナの先のインバウンド業界⑤】コロナショックに対峙するための3つのR—JNTO(日本政府観光局)小堀 守氏

観光庁が旅行業者向けに新型コロナウィルス関連の相談窓口を設置、経済産業省等と連携した支援を実施

観光庁、宿泊事業者向けに新型コロナウイルスに関連した相談窓口を開設、JNTOでは24時間コールセンターも稼働

 

 

関連インバウンドニュース