インバウンドニュース

台湾で新型コロナウイルスに対する日本の警戒レベル最高値に引き上げ、19日からは外国人の入国禁止

世界各地で新型コロナウイルスの感染拡大が進むなか、台湾の中央感染症指揮センターは17日、日本含む19カ国を対象に、海外旅行感染症情報を3段階の2番目に当たる「警戒」から最も高いレベル3「警告」(不要不急の渡航の自粛)に引き上げると発表した。

この措置により、台湾時間3月17日16時以降に飛行機に搭乗した者については、入境後14日間の在宅検疫となる。在宅検疫期間中は自宅または滞在施設からの外出が禁止され、公共交通機関の利用や台湾からの出境も禁止(日本へ帰国できなくなる)となる。もし違反して外出した場合は、法に基づき強制的に施設隔離となったり,10万台湾元以上100万台湾元以下という高額な罰金が科される可能性がある。

さらに18日には、衛生福利部の陳時中部長が記者会見で、海外から台湾にウイルスが持ち込まれるケースが急増していることを理由に、19日0時以降、中華民国(台湾)国籍を持たない外国人の入境を原則禁止することを発表した。ただし、居留証や外交公務証明、商務履約証明など特別な許可証を所持する者は対象外。19日0時以降に入境する外国人に関しては国籍を問わず、14日間の在宅検疫を一律義務付ける。規制解除の期日については、中央感染症指揮センターの決定に従うと述べるに留まり、明確な期日は明らかになっていない。

(やまとごころ編集部)

 

編集部おすすめ関連記事:

3/27更新【新型コロナ:各国入国規制まとめ 】世界の感染者数53万超え。アメリカの感染者数、中国を抜き世界最多へ

【コロナの先のインバウンド業界④】失ってはいけないものを明確に意識することで、円滑なリカバリーへ—エクスポート・ジャパン 高岡謙二氏

コロナに揺れるインバウンド業界。先の見えない観光の未来を、旅人視点で見据えてみる

 

 

 

関連インバウンドニュース