インバウンドニュース

東京2020大会の新開催日程を発表 開催は1年後の同時期。出場資格や枠は引継ぎ

国際オリンピック委員会(IOC)、東京2020組織委員会をはじめ、大会関係者は30日、2021年に開催される第32回オリンピック大会の新たな日程に関して合意をした。オリンピックは2021年7月23日から8月8日までの日程で開催され、また、パラリンピックは2021年8月24日から9月5日までの日程で開催される。

3月30日、IOCのバッハ会長、森喜朗東京2020組織委員会会長、小池百合子東京都知事、橋本聖子オリパラ大臣など主要な大会関係者が話し合い、新日程で合意した。この決定は、「選手始め関係者の健康を守り、新型コロナウイルスの封じ込めを行う」「選手の利益やオリンピック競技の価値を守る」「世界的な国際競技日程」の3点の主要な考慮に基づき、3月17日のIOC理事会で確立された原則に沿ったもので、各国の国際競技連盟(IF)と各オリンピック委員会(NOC)によって支持されたもの。

新しい日程は、当初予定されていた日程からほぼ1年後となるため、新型コロナウイルス感染拡大に対処する時間と、延期によりもたらされる他の国際競技イベントの混乱を最小限に抑えるために対処する時間がある。また同時期の開催のため、2020年に予定されていたものと同じ暑さ対策を実施する。

この決定に伴い、IOCバッハ会長は、今回の協議プロセスにおける全ての大会関係者の支援に感謝の意を伝え、「全ての大会関係者と協力して、この前例のない挑戦を克服できると確信している。人類は現在、暗いトンネルの中にいる。この東京2020オリンピック競技大会は、このトンネルの終わりの光となりえる」と述べた。

また、東京オリンピックが、引き続き第32回オリンピック大会であり続けるという事実に基づき、既に選手に付与された出場資格や出場枠は変更されないことが決定している。

(やまとごころ編集部)

 

 

編集部おすすめ関連記事:

4/2更新【入国規制まとめ 】日本への入国拒否、ついに英米も加え73カ国・地域に拡大

【コロナの先のインバウンド業界⑤】コロナショックに対峙するための3つのR—JNTO(日本政府観光局)小堀 守氏

 

 

 

関連インバウンドニュース